テーマ:活動報告

演奏会と若星Z☆

私がアカペラ講座の第3期を受講したのが、2006年でした。 そして、初めて仙台合唱団の定期演奏会に出演したのが2008年の第8回定期演奏会でした。 場所は楽楽楽ホール。まだ祖父母も生きてたので、実家の家族みんな呼んだっけ。 初めての大規模な演奏会に訳も分からぬまま終わったような印象でした。 まだ若星Z☆になってなくて、「アカ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今日の練習報告5月28日

今日は、小林先生の練習でした。 「未来へ」を通しました。 黒川青年団の武藤さんも参加。 後半は、みんつくで小編成で歌うための歌を、男声チーム、女声チームに分かれてやりました。 「未来へ」これで完成かと思いきや、作曲者の沼ちゃんが思ってたのと違う部分があり、楽譜も修正が入る見込みです。 練習報告は以上です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

打上げの様子

すみません。ここだけの話ですが、今回の定期演奏会のテーマ、今日知りました。 プログラムの冊子に団長あいさつが載っていて、それで。 ただ、結果としてそのテーマに沿った行動をしていたという苦しい言い訳はしておきます。 もう一つ言い訳をするならば、単純な言葉で際立った主張をしてくる「テーマ」というものの表示はなかったのではないかと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仙台合唱団の第12回定期演奏会終了しました

本日5月26日、仙台の太白区文化センター「楽楽楽ホール」で仙台合唱団の第12回定期演奏会が行われ、大好評のうちに終了しました。 私を含め団員は、しばらくは、この感動の余韻に酔いしれて、幸せな気分を味わうことになるでしょう。 今日のところは、私たちをこのように幸せな気分にしてくれた方々に感謝することにとどめておきたいと思います…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日は定期演奏会

5月25日の今日は快晴で、各地で運動会が行われていました。 明日の定期演奏会本番に向けて、最終的な調整を自分なりに行いました。 とにかく、皆様からの元気玉により体力が有り余っていて仕方ない私は、本番前に気力と体力を消耗させて調整を行う必要があるのです。 炎天下の中、新緑の下を吹き抜ける風もさわやかな泉区を、ジョギングし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定期演奏会まであと、1週間

こんにちは、週末で一時的に仙台に帰ってきて洗濯などをしつつ、調理用のザルでまつりの踊りを踊っています。 とうとう、演奏会まであと一週間となりました。 焦ります。 いつも、直前になってから、完璧さとの距離に失望しそうになります。 とはいえ、一定のレベルのものは出さないとまずいのです。 ただ、こういう演奏会で何度と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月12日の日記

こんばんは、わげオタ(若星Z☆オタク)のやすです。 今日は、仙台合唱団の定期演奏会に向けての合同練習がありました。 その前に、仙台駅のお茶漬け専門店でお茶漬けを食べていました。 カウンター席で隣に座り合わせた青年の客が、店員に対する対応が丁寧で、そしてお茶漬けの食いっぷりが素晴らしく、さらに最後「ごちそうさまでした!」と大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

生きてることに酔いたい人達による踊り

まつりの踊りを文字にしてみました。 構造をつかんで、自分なりのポイントを発見することが狙いです。 「まつり」 【作詞】きたがわてつ 【作曲】山本 さとし (前奏) 床×8 肩ひざ×4 くるりんぱ×4 (左から)肩ひざ×2 前回し 1.(おとこたちのゆめをおりこんで)  右 左 右 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

5月7日の練習風景

みゃー みゃーー 週の初めが火曜日ということも、年に何回かはあります。 今日は、そんな週初めの火曜日。しかもゴールデンウイーク明けでした。 若星Z☆は、通常の自主練デーです。 今日は、自主練の強い味方、「小林先生の音取りCD」で練習しました。 これを、本番までに幾度となく、聴いて歌ってを繰り返せば、必ずや本番までに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連休最終日

一般的に暦通りのゴールデンウイークの人は、今日がその最終日となります。 どのような休日を過ごしましたか? 若星Z☆は5人で、「銀杏町歌う会」にお邪魔して、演奏会の宣伝も兼ねて一曲披露させていただきました。 仙台合唱団の3人の方と小林先生とも一緒です。 「人生を流れる歌」を歌いました。 50名程の会で、すごくリラック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5月4日の活動報告

今日は、5月のとても良い天気だったので、野外ライブ部5人で活動しました。 八木山動物園でレッサーパンダに餌をやってから、駆けつけてくれたメンバーもいました。 場所は、片平公園、家族連れなどが多くアヅマヤやベンチはほとんど埋まってました。 が空いてたベンチと、途中から空いたアヅマヤで気持ちよく歌えました。 ケヤキの若葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和時代の初めに

5月1日 一部のメンバーは、うたごえ協議会の人たちに混じって、メーデー集会に参加してきました。 集会の自由は憲法21条で保証されている権利の一つです。 この半日がかりの正当な権利行使は、野外で行われるため、体調管理等の面で難しいです。 今回は、雨が降ったり、急に日差しが強くなったりして、大変でした。 と言っても、実は私は初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

平成最後の練習

今日は、火曜日ということで若星Z☆の通常の自主練でした。 そして、今日で平成という年号が終ります。 改めて、平成を振り返ってみると、アカペラ講座が始まったのが平成14年頃だったと推測されます。 その頃のことは、第一期生であるやぶちゃんやゆういっちゃんにしか分かりません。 第二期生は、絶滅してしまいましたか? 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月29日の練習報告

今日は、早朝に池月の生家を出発しました。 朝日が昇り、山際に霞がたなびき、所々田に水が入って、桜が咲いてる場所もあり、そういう田舎の国道を車で走っていると、こんなにも美しい大地で生まれ育ったのだなあ、とある種の感動を覚えました。 途中の中新田では、もう人出が結構あり、今日は初午祭り(火伏の虎舞)の日であることを思い出しました…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

4月27日の日記

落ちぶれた、音楽家が公園で少年たちから声を掛けられたことをきっかけに、また大きな舞台へと羽ばたいていく。 そんなような物語が連想されました。ありそうなサクセスストーリー。 ただ、今日はこれに似た状況があったので、実際体験してみて、なんか嬉しかったです。 片平公園で3人で歌っていると、6~7人の少年少女たちに取り囲まれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Happy golden week!

金曜の夜は、一人で人の少ない映画館に行ってレイトショーを観ることが選択肢の一つです。 が、今日はさすがに大型連休前だけあって、沢山の若者たちで賑わってました。 何を観に行ったかというと「キングダム」です。紀元前200年ごろの中国が舞台の、原泰久さんの人気漫画が映画化されたものです。 でかい夢を真っ直ぐにめざして行く主人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月23日の練習報告

本日は、小林先生のレッスンでした。 12名ぐらいの参加。 オリジナルの新曲、「未来へ」の楽譜が途中までですができていて、練習することができました。 一番ですでに、油断したら泣きそうな、素晴らしい曲です。 作詞、ゆうさん。 作曲、沼ちゃん。 編曲を小林先生にお願いして、できてきました。 節回しに、独特な沼ちゃ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イベント下見しました

今日は、とても嬉しいことが起こりました。 イベントの下見に行って、アカペラを歌ってたグループに演奏後、勇気を出して声をかけたのです。 するとそのうちの1人から「講座やってますよね、チラシ見ました」と言ってもらえたのです。 びっくりしました。そしてこれは、ここ数年でみてもかなり嬉しい部類に入る出来事でした。 ということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わげブログ全史

このブログが、1日平均何ページ分読まれているか、あるいは見られているかを現すPVという数値を、月平均のグラフにしたものです。 月によって日数が違うことから、月間PV数を月毎の日数で割りました。開設当初からのデータで作りました。 いろんなことが見えてきます。 時々、書き手に何かあったのか、全く読まれていない月もあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌声喫茶に参加して

4月14日 日曜日 第78回市民歌声喫茶にスタッフとして参加しました。 若星Z☆からは、兼任メンバーも含め8人ぐらいの参加でした。 3つほど気付いたことがあったので、今後に活かしてもらいたいと思います。 1.会場設営に若干の改善の余地がみられた。 2.備品管理。 3.工夫の芽をもっと見つけて活かせるのでは。 …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

読み比べレモン

今日は、歌声喫茶に行った帰りに寄ったスーパーマーケットで、ギルバートオサリバンの「アローンアゲイン」が鳴っていたので、耳に心地良かったです。 歌喫では、お客様が女声だけのテーブルを選んで座って歌ってました。 すると、「男声が近くで歌ってくれてイイです。」と喜んでもらえました。 こちらも、音域が違う人が近くにいると、楽しくなります。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜の季節に

ようやく仙台市全域で桜が見ごろになって参りました。 名所などと言われてるところは人で混み合っていて、移動のストレスがあったりします。 誰も来ないような、名も無き場所にも花は咲いていて、そういう場所の方がゆっくりと植物観賞ができるので、そのようなスポットを近所で見つけられるといいですね。 東北地方ではよくあることですが、桜が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月9日 フォークの日の練習報告

今日の若星Z☆は小林先生のレッスン日。 8名参加。 練習曲 ・息吹 ・スタートライン ・ビューティフルネーム ・こころの歌 ・ひとつのピース ・人生を流れる歌 朝市の駐車場にある桜が丁度見頃を迎えています。 今日は、「息吹」の曲づくりについて、先生からアドバイスをいただきました。 曲先で創ったため(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歌声喫茶に行こう

来る4月14日 日曜日 歌声喫茶が、仙台のエルパークであります。 詳しくは、仙台合唱団の新しいホームページにチラシがありますので、ご覧ください。 ↓ https://sendaigassyou.jimdofree.com/行事のお知らせ/ 地域によって、時代によって歌声喫茶の様子は違ってきます。 もちろん、客層に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

4月2日 練習報告

白銀の夢から 醒める花 杜の都に 燃ゆる風 三日月背負いし 少年よ 今こそ馬上に よみがえれ (「羽ばたけ楽天イーグルス」より) 雪が本降りです。4月というのに。吹雪。 そんな中、ベリーさんは野球観戦に行ったようです。気合入ってる。 上記の歌詞で、馬上少年過ぐから、伊達政宗をこんな風に登場させてくれるとは一気にテンショ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新元号予想

「和新」 ひらめきました。 そんな、新時代の幕開けも近い今日、宮城県内は雪が本気で降ってましたが、若星Z☆は踊りの練習を本気でやってました。 山形から講師つぼねさんを迎えて、3時間みっちり練習しました。 練習を始めてからそれなりの期間も経ち、なんとなく、踊れているように楽観視はしてたのですが、まだまだだということ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボイストレーニング報告

3月29日 木曜日 仙台合唱団のボイストレーニングに参加しました。 講師は松本先生です。 このブログでは例によってポイントだけをおさらいします。 ・自分が巨大な形のいい頭蓋骨の持ち主になったようにイメージすること。 ・引っかけるんじゃなく、当てて響かせる。 ・言葉をきちんと歌う。歌い手同士でイメージを共有する。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3月26日の練習報告

3月26日 火曜日は小林先生のレッスン日でした。 私も久々に練習に参加できました。 参加人数11名 練習した曲 ・スタートライン ・こころの歌 ・人生を流れる歌 ・息吹 ・Lemon ゆうさんの詩と沼ちゃんの曲による新オリジナルソング「未来へ」を、 沼ちゃんが歌ってくれました。 聞き逃したメンバーは、録音し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のわげstyle デザイナー部門 その2

「春のわげstyle デザイナー部門 その2」 ・ちーさまコレクション(13~15) ・Y-KATOコレクション(16~24) 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 あなたが選ぶ「わげスタイル」はどれでしょう? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春のわげstyle デザイナー部門

こんにちは、世界中のト音記号をタツノオトシゴにするという野望を持っているやすです。 「第一回 春のわげstyle ちーさまコレクション」始めます。 ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧ ⑨ ⑩ ⑪ ⑫ 初代わげTシャツが、夜空に咲く星のイメージでしたが、今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イメージキャラクターのハモろう君