紙コップ

2008年2月4日
NASAが北極星に向けて、音楽を発射しました。

ビートルズの「Across the Universe」です。

言葉は次々と溢れてくる
紙コップに降り注いで、降り続ける雨のように
というような場面で始まる素敵な歌、ジョンの詩とポールの曲です。

あれから10年以上も経ちますが、地球外生命体がそれを受信したかどうかは分かりません。
そもそも、電波のようなもので発射せずとも、優秀な?地球外生命体なら、地球のことなんか全てお見通しであると思います。

そんな音楽的大事件が起こった2008年の2月4日の次の日の2月5日にアカペラ講座の練習が行われていたようです。

これが、その時の記事↓
https://sendai-acappella.at.webry.info/200802/article_2.html

「We're All in This Together」
「世界がひとつになるまで」
「WAになって踊ろう」


を歌っていたようです。

地球外生命体から見れば、あるいは宇宙規模で考えるなら、ビートルズの名曲も私たちの歌も、同じくらいのチャンスがあるということを言っておきたいと思います。

このブログも、宇宙人によって解読されていないと考えられないこともないと思いません。
(ここで「どっちなんだ?」って突っ込む宇宙人もいるでしょうか?)
画像

やす

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

イメージキャラクターのハモろう君