第77回 歌声喫茶

1月14日 月曜日
今年初めての、「仙台市民歌声喫茶」がありました。

若星Z☆もスタッフや出演で大活躍し歌声喫茶の成功に貢献することができました。

エルパーク仙台ギャラリーホールで、
参加人数196名という盛況ぶりでした。

第77回目の今回の歌声喫茶、テーマは「新春幸せを呼び込む歌・唄・うた」
画像

ということで、お客様が幸せになれるような仕掛けが随所に仕組まれたプログラム構成になっていました。
画像

毎回、合唱団内での担当者が変わって変化に富んだ歌声喫茶になって、参加させてもらってる私たちも勉強になってます。また、どんどん進化している気がして感心してしまいます。

今回私は、ひょんなことから司会の補助を務めさせて頂きました。
もちろん歌喫では初司会でしたが、仙台合唱団の方々の仕事っぷりを間近で見ながら、一緒に働くことができて、すごく楽しかったです。私の感想はそれに尽きます。
貴重な経験をさせて頂きありがとうございました。

以下では、本日の流れを簡単に振り返ってみます。

1.まず、開演と同時に若星Z☆の演奏でした。嵐の「ハピネス」。

2.そして、お客様の準備も整ったところで、「いちげついちじつ」を歌いました。
題名は初めて知りましたが、「年の初めのためしとて・・・」というあの歌です。

3.そして、リクエスト曲になりますが、最初の5曲は玉手箱?からくじを引くようにして、リクエストを選びました。
そして、リクエストが読まれたお客様には、素敵なプレゼントが贈られました。

4.私と一緒に司会を担当したチャマさんは、「正月」「めでたい」「幸せ」「楽しく歌う」などのキーワードで楽しい話を随所に織り混ぜて会場全体を盛り上げていました。そればかりか、不慣れで機転の利かない私を終始リードしてくださいました。

5.6曲目以降は、山内さんがリクエストを選考したり、いろいろの細かな調整をしてくださいました。会場内のスタッフとリクエスト係の山内さんと司会の連携がとれることが、進行上重要なんだということが分かりました。

6.仙台合唱団が今回のメインイベントと位置づけている「ともに歌う合唱団」の演奏が休憩後、後半の冒頭でありました。自分たちだけでまとまろうとしてしまいがちな合唱団も世の中には多いのではないかと思いますが、多様な人たちとどんどん歌う喜びを分かち合おうとしてるのでしょう。
そのような視点を持っている仙台合唱団、しかも実践しているということでカッコイイと思います。
30人の「ともうた合唱団」と団員で40人以上の合唱。お客様の印象にバッチリ残ったと思います。
画像


7.「おみやげ曲」と呼んでいる是非覚えて帰って欲しい一曲は、小林先生に選んでもらいそのまま歌唱指導もしてもらいました。「童神」という沖縄の歌です。
「新年に、おだやかな気持ちになってもらいたかったので」という先生のコメントにキュンとなった人は多いと思います。

8.20曲のリクエストを会場の皆さんで歌うことができました。30曲以上のリクエストは残念ながら紹介できませんでした。残念だった方は次回4月の歌喫に、ご期待ください。このリクエストを厳選し適宜短縮・調整等を行って会全体の質をコントロールしてくれているのも山内さんですごく重要な役割だと感じました。

9.昨年末のイブコンサートの時は、仙台合唱団の方々に大変お世話になりました。今回ちょこっと手伝ったぐらいで恩返しになったとは思いませんが、逆に足を引っ張ってばかりですが、まだまだ親団から学ばなければならないことが多いようです。
私たちもいづれは、たいしてワゲぐないスタズとなり、そしてワゲぐないスタズとなりましょう。
そういう時に今度は次の世代に伝えていくこと、それがテーマとなってくると思います。

今回は、仙台合唱団ブログも兼ねるつもりで書きました。

やす

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

イメージキャラクターのハモろう君