あの日のブログ

以前、仕事の関係でY県に住んでいた頃。(7年間住んでました)

私は、このブログ「若星Z☆つれづれ日記」を楽しみに読んでいました。

当時の担当者が、個性的な文章で、若星Zの日頃の活動を書いてくれるのです。

その頃は、夜勤がメインの仕事で、一回の夜勤で17時間ほど拘束されてました。
二重三重にセキュリティーがかかった職場の部屋で、プレッシャーのかかる業務をこなしていました。
一切のミスは許されない、なのに長時間働いて、朝方には意識が朦朧としている。
ミスをするなと言うんなら、まず勤務形態・環境を何とかして欲しいと何度思ったことか。

夏は暑く、冬は寒い、外気温と大差ないリフレッシュルームと名のついた休憩室があるにはありましたが、大変な環境でした。

そんな中、玄関のある一階のロッカーまでは、携帯電話等私物を持ち込むことが許されていて、夜勤者から昼勤者へ引き継いだ後、仕事帰りにロッカーを開けて携帯電話でブログを確認することが、唯一の安らぎの時間だったことが思い出されます。

他県から毎回練習に参加するというわけにもいかず、ブログやわげメールで何とか、みんなの話題について行くということぐらいしかできることはありませんでしたが、若星Zが続いていてくれてることが、仕事で大変な時にも乗り越えられる力になったように思います。

そして、今は私が担当者となっています。3年ぐらい前に転勤により宮城県に帰ってきました。当時の自分から見たら夢のようなことです。


若星Zのちょっとしたパラレルワールドとして、時には現実を少しばかり面白おかしく記述してしまっています。
私のブログ記述は、仕事でつらい時などに支えてくれた恩返しでもあります。

やす

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ご隠居
2018年09月08日 10:12
やすさんほどの過酷な仕事環境ではありませんでしたが、発狂しそうな職場環境の中で数年間働き続け、現在とある疾患に罹患したおかげで地獄環境から天国環境に来られたご隠居です。

やすさんが若星が続いてくれていることを確認して
ご自身の力に変えていた、というあたりの文面を。
親団に「本日の練習日記」の前身をコメント欄に書き込み始めた頃の自分が、まさに地獄な仕事環境からの現実逃避と自分への励ましを兼ねて書き込みをしていたなぁと感じながら読みました。

公と私。
理不尽な公の中で過ごしていても、私的場面で自分を活かしていけるところがある。
そう思えたことが当時の私を支えてくれていたことは事実でしたから。

この記事へのトラックバック

イメージキャラクターのハモろう君