春分の日

今日3月21日、ある小学校の閉校式がありました。100年ほど続いていた歴史に幕を閉じました。
私もその卒業生の1人。人づてに聞いてはいましたが・・・。これで、思い出の小学校と中学校(以前に閉校していた)がなくなりました。

田舎ながら、よく今まで続いてくれた。頑張った方なのかもしれない。家からは父が式典に出たようで、式次第が転がってました。

幸福はどれも似たようなものに見えるが、不幸の形はそれぞれ違う。

田舎の学校の過酷さも、それぞれ違う。そのような環境で、日本の財ともいうべき人財がたくさん育った。厳しい環境そのものから、学ぶべきものが多かったことを考えると、まだまだ存在意義はあったと思うのだが。

子供が少ないからと、都会の学校にひとまとまりにしていいものなのか、日本の教育。

だいぶ話がそれました。今日の本題は「息吹」についてと思ってました。
生原稿と空想インタビューです。
画像


作曲者である沼ちゃんの最初のイメージは、「祈り」だったそうです。
曲を聴いたその日に、家に帰って録音を何度も聞き返しながら、詩をつけるという作業をしました。

思い描いたのは、田舎の小学校、中学校時代、何かを頑張っている友達の姿です。そういうものは、卒業して終わりというものでもなくて、その後の人生にも続いていくものだと思うのです。その頑張ってた人は、その何倍も頑張るようになるし、当時それを見てた自分もそこからの刺激を受け続けていくので。

だからこれは、今卒業せんとしている学生のための卒業ソングであると同時に、すでに卒業している大人のための卒業ソングでもあるのです。




やす

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

久しぶりに参加した男
2018年03月22日 13:57
やっぱり出身校閉校になったのですね。私の出身小学校も10年以上も前に閉校になってますが、少子化の波で仕方ないこととはいえ、何とも表現出来ないものがありますよね。
久しぶりに参加した男
2018年03月22日 14:00
久しぶりに「息吹」を歌って、情景の浮かんでくる歌詞にこみ上げてくるものを感じてましたが、やはりこんな話があったんですね。
やす
2018年03月24日 07:34
久しぶりに参加した男さん、こんにちは。
人それぞれ、思い出は違っても、同じ歌で共感できるって素晴らしいですね。
音楽の不思議さのひとつです。


最近の練習音源を付けたので、皆さんも浮かんでくる景色に浸ってみてください。

この記事へのトラックバック

イメージキャラクターのハモろう君