今年はどんな歌を歌うのだろう?

去年は、アカペラ三昧でした。

アカペラの楽しさを再確認した、というか自分はアカペラの方が好きだということが分かりました。

今まで伴奏に頼ることも多かったけれども、互いの声を聴きあったり、身振りなどに合わせるのって大事だし楽しいです。

そういうのが出来てくると、たまに伴奏つきの曲を歌ったりすると、上手くなっていたりします。ピッチやリズムを合わせる感覚が磨かれるのでしょう。

年末に沼ちゃんの家で「切手のないおくりもの」を歌いました。その時は音取りすらしないで、歌い始まりました。一瞬、無謀にも思えましたが、出だしバラバラだった音程の線が、一本になっていくのが分かりました。

体一つで、どこでも歌える。これはアカペラのだいご味です。
そこまでの技術がついたのもやはりアカペラ講座のおかげです。

今回は、コンサートの時の「あの日の詩」をアップしておきます。
伴奏つきは本当に上手くなってるということで。

https://youtu.be/OEiD159iRJA

ぼくらのオリジナルソング、無駄に再生回数を増やしてみよう(笑)

やす

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

イメージキャラクターのハモろう君