とっておきの音楽祭2009

毎年参加させていただいている、とっておきの音楽祭。
おかげさまで今年も無事に終えることが出来ました!
現地まで足を運んでいただいた方々、
通りすがりで足を止めていただいた方々、
裏方でサポートしていただいたスタッフ&関係者の皆様。
あの場にいた皆様にお礼を申し上げます。

【本日の曲目】
・まだ見ぬ星を(ショートVer.)
・I Pray(『大都会』ゴスペルバージョン)
・私の父の家には住居がたくさんある(Plenty Good Room)
・上を向いて歩こう
・手紙~拝啓、十五の君へ~
・Story
・まだ見ぬ星を(フルVer.)

毎年とっておきの音楽祭では
聴き手の目線の温かさを感じる場面が多いのですが、
今年は特にその印象が強かったように思います。
長いブランクを経てライブに再デビューを果たした新人2人、
初MC務めたドリーをはじめ、
メンバー全員が楽しく爽やかな気分で歌うことが出来ました。
嬉しい感想も続々と寄せられていますが、
お礼を言わなければならないのはむしろこちらの方です。
私たちの歌を聞いていただいてありがとうございました!

***

おまけ。
今回初お披露目となったオリジナル曲『まだ見ぬ星を』について。

仙台合唱団アカペラ講座から若星Z☆に名を改めるにあたり、
オリジナルのテーマソングを作ろう!という話が
実は水面下で数ヶ月前から進んでおりました。
チーム名にも入っている「星」にちなんだ内容で詞を一筆、
という依頼が来たのはまだ春も浅い頃のこと。
本日みんなの力を合わせて、
素晴らしい形で正式に発表できたことに深く感謝いたします。

【まだ見ぬ星を】
作詞:メンバー みゆ
作曲:指導講師 小林先生

青い青い海の向こうに まだ見ぬ星を探しに行こう
どんなに深い夜だって 見上げればほら満天の星
僕らそれぞれ 違う色の光

宇宙は無限に広がりゆく
地球は丸く 果てがない

XYZ その先に何もないと 誰が決めた?
枠も壁も境目も 最後に踏み越えるのは自分の足
その手に意志だけあればいい

まだ見ぬ世界 指し示す道へ
踏み出す小さな勇気
目に映らなくても そこにあるよ
気づけば聞こえる 歌のように

青い青い空の向こうに まだ見ぬ星を探しに行こう
どんなに深い海だって すくってみれば透明な水
僕らは見上げる 同じ色の空を

僕らは見上げる 同じ色の空を

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

なお
2009年06月08日 09:24
昨日はお疲れ様でした(^∀^)ノ
写真を撮ってたチョーさん、なすちゃん、カメラで録画しつつ歌に参加してくれたジョセ、聞きに来てくれたお客さん、皆様ありがとうございましたm(_ _)m

昨日はマイクがあったので、力まず自然な感じで歌えました。
たぶん、いつもよりはやさしく歌えていたと…思います(笑)
お客さんにはどう聞こえたのかな~。ジョセが録画してくれたビデオ早く見たいな~。
チョー
2009年06月08日 22:11
公演成功おめでとう!①新星若星Zの「とっておき」初ステージとして、②オリジナル「まだ見ぬ星を」のお披露目ステージとして、③一期メンバーの復活ステージとして、みんな、すごく輝いていましたね。「まだ見ぬ星を」、詩を読んだときの自由で広々としたイメージに、小林さんのステキなメロディーがつき、まさに、その手に意志をもって、一歩踏み出したみんなの歌としてハマって、とてもよかったですよ。どんどん歌って、全国に広げていきましょう! 前の「FOR YOU」と一緒にCD化して、ひともうけしませんか?(マジメに)。 ひとり一人の声づくりや、本団との連携強化など、課題はありますが、ともあれ、みなさんの晴れ姿をみて、チョー嬉しかったです。2002年11月の第一期星の開講式から6年半、よくぞ、ここまできたもんだ、と。外での演奏を続け、“まだ見ぬ友を”を新しいメンバーに加え、その両面での「出逢い」をパワーに、より伸びやかでインパクトのある演奏ができるように、精進していってください。
ジョセ
2009年06月09日 22:43
お疲れ様ー。ホームページのジオログにコメントした後ですけど、本当によかったですよ。ビデオどうやったらみんなで観れるかな。方法を知っている人は教えてね。

この記事へのトラックバック

イメージキャラクターのハモろう君